小坂菜緒さんの「時の流れに逆らって」

エンタメ - 日向坂46いいね

2023年1月19日の小坂菜緒さんのブログ

小坂菜緒さんの「時の流れに逆らって」

本日次のブログは小坂菜緒さんです。



時の流れに逆らって

https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/48988?ima=0000&cd=member

ブログの概要

こんにちは

小坂菜緒です

皆さん

明けましておめでとうございます。

2023年はどうですか?

良き日々は過ごせていますか?

私は身の回りのものを新しくしたり、美味しいご飯を食べたり、いい日々を過ごしておりました。

とここで、皆さん"あれ"はやりましたか

新年の恒例と言っても良いでしょう、"おみくじ"です。

なんと私は、今年大吉を引きまして…

何とか良い一年を過ごせるんじゃないかなって浮かれています。

まぁそこに頼りきるつもりは微塵もないのですが…笑

でも、私が大吉を引きましたので、きっと皆さんの運勢も良くなるだろう

そんな気持ちで2023年をスタートしたいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーー

さぁ、2022年の振り返りも軽くしながら、今年初めのブログを書いて行きましょうかね。

年末に書こうと思ってたんだけど、新年を迎えてしまいそうな勢いだったので…

と言いつつ、ちゃんとそうなってしまったことは申し訳ないです。

2022年は、何と言いますか…

愛情をたくさん感じた1年でした。

それは、与えるものも与えられるものも、気づくことも探し出すことも。

愛情と言っても、好きってことだけじゃなくて、色んな意味があるじゃないですか。

様々な意味を含めた、愛情です。

それと、2022年は出迎えと送り出しと、寂しい年でもあったし、その分強くなった年にもなりました。

まず、大きなことは仲間の旅立ちかな。

まだちゃんと書いてなかったんですけど…

なんて言葉をかけようか、悩んでいたらここまで伸ばしちゃったと言いますか

ちょっと言葉は下手かもしれない

そこはお許しください

この約5年間ほどかな

本当によく頑張っていたし、たくさんの人を幸せにしたと思います。

何よりも、本当にファンの皆が大好きなんだなって感じていました。

何かあれば、みんな喜んでくれるかなって、みんなの為に頑張りたいって何度も言っていました。

近くにいたからこそ、私も全力で支えたかったし、笑い合っていたかったです。

タイミング的に、すれ違う形になっちゃって、個人的には、それが後悔の1つです。

それでも「菜緒の代わりに頑張ってくるよ」って何度も言ってくれてたんです。

悩んだこともたくさんあったと思う

でも、その時にずっとそばにいれたわけじゃなくて。

話聞けたらな、一緒に乗り越えられたらなって何度も思ってて。

少しでも力になりたかった。

私たちの関係って、うまく形に残ってないと思うんですよね。

曖昧な空気感というか?

でも、それは互いを理解しているからなのかなって感じています。

あくまでも、私の感覚ね。

頼ってるけど、頼りすぎないっていうか。

1番楽な空気を感じていました。

というか、私が形に残したがらないってところはあるかもしれないです。

実感しちゃうじゃないですか、全てを。

目に焼き付けて終わりたいって思うのは、そのせいかもね。

だから、これからそれが感じられなくなること

いなくなってから気づくこと、あまりにも大きかったです。

でも、彼女が残していったものは、たくさんあって。

色々なことに本気で挑んできたことも、私たちはちゃんと分かっています。

それは、皆さんも同じだよね。

出会えてよかったって心から思っています。

今度は違う道で、違う場所で幸せになって欲しい。

また、面白い話聞かせてくれるかな~。

読んでたら、よろしくな。

新たなる道へ進むこと、全力で応援しています。

がんばれよ。

ーーーーーーーーーーー

そして、話は戻しまして…

昨年は夢だった東京ドームのステージにも立ちました。

そこが私にとって復帰の場ともなりました。

個人でも、CMなどたくさんのお仕事をいただきました。

セーブしつつ進めていた活動も、何とかペースを掴み1年続けることができました。

野外のライブやツアー、ひなくり、たくさんのライブを開催しました。

回を重ねるごとに、参加楽曲が増えていくこと、不安もあったけど喜んでくれる人がいるから頑張ろうって思えました。

年末には、紅白歌合戦にも出場させていただきました。

久しぶりの舞台は緊張しすぎて、終わった後の解き放たれた感覚に涙が出そうになりましたが、頑張ったねって掛けてくれたメンバーの言葉に、冷たくなってた手も温もりを取り戻しました。

他にも、書ききれないほど色々ありましたね。

あっという間に一年が過ぎて。

まぁ私からすると、もう一年なんだって感覚です。

剥がしても剥がしても、纏わりついてくる見えない何か。

でも、それは私にしか感じなくて

周りから見れば普通なんだろうな~って

その温度感に、心が熱を出してしまいそうになる。

2023年は、その纏わりついてくる何かを、うまく飾りにできるようにしたいです。

リボンでもいい、貼り付けてもいい、破って形を変えてみてもいい、装飾してみせたい。

そうした方が、なんか面白いかなってね。

今年は、もっと安心して応援していただけるように頑張ります。

お仕事も、昨年よりもたくさん出来るように頑張ってみます。

って大口叩いて言ってるけど、できるかなぁ。笑

でも、やってみよう。うん。

そんな気持ちで挑んでみよう、2023。

不安に押し潰されそうになって、何もかも嫌になって怖かった一年だったけど

皆さんの言葉に元気をもらっていて、それがなければ下を向いたままだったかもしれません。

支えてくれてありがとう。

2023年も

こんな私ですけど、日向坂46として精一杯活動していきます。

どうか、今年も日向坂46を応援していただけると嬉しいです。

さ、笑ってこーぜ。

今回は、この辺で。

読んでいただきありがとうございます

小坂菜緒^._.^

皆様にご報告

今年、新成人となりました。

14歳から、このグループに所属して

5年が経ち、とうとう成人の歳になりました。

にしても早すぎるなぁ。

5年前は、早く成人したい!大人になりたい!

なんて、子供っぽいこと言ってましたけどね

実際に20歳になると、人生の節目きたんだなって感じます。

成人の日にも、たくさんの人にお祝いしていただいて

レターなど読んでニコニコしてましたよ

ありがとうございました。

20年間生きてきて

思い返すといろんなことがありました。

辛いことも楽しいことも、話せば尽きないほど。

今では笑い話になるけど、苦悩なんてものもあったり。

輝かしい夢もなくて、将来どうするんだろうなんて、ぽけーっとしてたところに

一筋の希望の光を与えてくれた人たちがいて

その出会いがなければ、今頃どうしてたのかな。

アイドルの道は、ほぼ0%

なかっただろうな。

幼き頃の自分に、数十年後には楽しい未来があったよって伝えてあげたい。

弱くて脆くて、それでも咲き続けていたくて

ここまで頑張って、根を張ってきたことを誇りに思います。

これまで多くの方々に支えられてきたから、今の人生を歩むことができています。

家族や友人のみならず、活動を通して出会った方々

そして応援してくださっている皆様

皆様の心に残るような存在になれていますでしょうか

自分は、誰かの心の支えになれていますでしょうか

たくさんの笑顔や幸せを届けられているのでしょうか

よく見失ってしまう自分のことを

よく示してくれるのは皆さんで

これからも、そんなことが起こるような気がしてる

正直、悲しませることはないと思うけど

もどかしい気持ちにはさせちゃうかも、なんてね。

でも、決めたんです。

過去の自分はもう取り戻せないから

今の自分をうまく認めてあげようって。

そうしたら、コントロールもできちゃいそう

操縦士的な?

最近は、少しその術を身につけました。

身も心も大人になろうとしている私。

20歳の決断は、いつもよりも現実味を増してて固いな。笑

ひとつ大きな階段を登った証拠だな。

これからも、よろしくね

さてと、通常運転。

アニメでも見るとするか。

海賊王になるか、火影になるか、はたまた名探偵か。

↑ちなみに最近見返してる作品

(これ2周目なんだよって話する?)

引用元:小坂菜緒さんの「時の流れに逆らって」

関連記事