北川悠理さんの「アンダーライブ!」

エンタメ - 乃木坂46ブログ紹介

2022年10月9日の北川悠理さんのブログ

北川悠理さんの「アンダーライブ!」

本日次のブログは北川悠理さんです。



アンダーライブ!

https://www.nogizaka46.com/s/n46/diary/detail/100763

ブログの概要

こんにちは〜!



~~~~~~~


事前に:こちらのブログはとても長いです。

でも、色々な気持ちが最後まで詰め合わせてありますので、是非最後まで読んで頂けたら嬉しいです☺︎

~~~~~~~



アンダーライブ6日間、本当にありがとうございました!!


何から言葉にしたら良いのでしょうか

リハーサル期間から本当にたくさんのことを学ばせて頂き、すごく濃い素敵な日々でした!


ずっと練習して、ずっと生活の中心にあったので終わってしまったことが信じられないくらいです。


昨日はリピート配信もありましたね!

皆さんいかがでした??


IMG_2379.jpeg


まずは、

IMG_2414.jpeg

どん!


こちら驚きましたよね、きっと?👀



そもそも林と北川のこのような格好、どこか見覚えのある方いらっしゃいますか??



そうです!ラップです!!🕶🧢



乃木坂スター誕生!の楽屋にて

ちょうど斜め前に座っていた林に

「林ラップできる?」と聞いたことから始まった私達のラップ活動。


まさかライブで披露させて頂くことになるとは!最初はとても驚きました。


なんとなく林ならラップができる気がして、

それが見事的中して楽しくて、

テレビやYouTubeで披露させて頂けるようになって、

それがライブにまで。

人生何が起きるかわかりませんね~夢があります🦕🐘


ラップ詞は今回ももちろん自分たちで書きましたし、それに加え

今回は、今野さんはじめ色々なスタッフさんがたくさんアドバイスをくださり練習できました。

楽しかったです!!ラップのお仕事色々やりたいです!!

是非、誰かに届きますように~💫

(さやかちゃんが元気に戻ってきてくれたら「譚」も色々したいね。待ってるね。)


そして、ラップの流れで披露させて頂いた

無表情!!

加入前から大好きなからあげ姉妹さんの、

オーディションのSHOWROOMでも歌った気がする大好きな曲。嬉しかったです!


IMG_2380.jpeg


そしてなにより、今回はまあやさんのラストアンダーライブでした。

まあやさんは背中から本当に色々なことを教えてくださる方で、学ばせて頂くことが多かったです。

ライブへの心構え、パフォーマンス、裏でのスタッフさんやメンバーへの気遣いなどなど

大切なものをすべて持っている方だと思います。

アンダーライブに合流させて頂いた当初は、

お仕事と学業との両立が思うようにいかず

どこかずっと肩身の狭さを感じていました。周りとどう接して良いかわからなかった時期もありました。

でも、リハーサルにまあやさんがいらっしゃるとそれだけで場の雰囲気が明るくて、

みんなでふふっと笑い合えます。その空気に何度救われたことか。


そして、私が1人で練習しているところをずっと実は見守っていてくださったまあやさん。

お仕事があくまで自分の軸であって、

お仕事を頑張りたいから学業を頑張っていた私なのですが、

どちらも頑張っていると、どちらも手を抜いていると思われてしまうのではないかと不安になることがありました。今でもあります。

だから、いくら両方頑張っても、「まだ足りないまだ足りない」といつまでも自分を認められずにいて。休まずに追い込んでも追い込んでも足りなくて。周りからも認められていないと感じてしまっていて。


そんな、自分にも誰にも認めてもらえないと思っていた日々の中で、

「ゆりちゃんが頑張ってたの見てた」

「本当に努力家だなって感心してた」

「こんなに急成長するの?って驚いた」など

舞台上のMCでも個人的なメールでも、

表でも裏でもあたたかく接してくださった

まあやさんの存在は本当に大きかったです。


まあやさんがいらっしゃらなければ頑張れなかったことが本当に多かったと感じています。


本当にありがとうございました。

私はあまり言葉で伝えることが得意ではないので、今まで上手く感謝を伝えられなくてすみませんでした。多分こんなに好きってお伝えできていなかったです。



~~~~~~~~



印象に残っている曲も楽しかった曲も頑張った曲もたくさんあったので何から話そう~という気持ちです。


まず初めのブロックでは、

「自由の彼方」「不等号」「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」などライブでは定番の曲を披露させて頂きました。


今までは、振付を踊ることに精一杯でしたが

今回は自分なりに曲の気持ちを理解して、というか曲の主人公に都度着替えて披露させて頂けた感覚がありました。お芝居、みたいな。

だから今日のミーグリなどで表情を褒めて頂けることが多くて嬉しいです。

意図して作った表情というより、今回のライブは全体的に「曲が作ってくれた表情」をお届けできたのかな、と思っています。

入り込むの好きなんです、役とか曲に◎


続いて、ダンスブロック。

ポピパッパパーではフロントに立たせて頂きました。

私は多分皆さんにとって、ダンスが苦手な印象があるメンバーの1人だと思うのです。

加入前ダンスを習っていたは習っていたのですが、振り付けを覚えるのにはみんなの何倍も時間がかかって、加入当初は毎日1番最後まで居残りして練習して、ようやくみんなと同じ量の振り付けが覚えられるそんな日々でした。

だけど、踊ること自体は楽しくて、というより

パフォーマンスが楽しくて。

必死に頑張っていたらようやく最近、前より覚えるのが早くなったね、とマネージャーさんに褒めて頂けるようになりました。

まあやさんにも、かっこよかったとリハーサルも本番も褒めて頂けて

あまり「かっこいい」と形容してもらうことが日常生活ではないので、心から嬉しかったです!!!


IMG_2415.jpeg


たまみさん!好きです!

りかちゃん!好き!


たまみさんセンターのお隣に立たせて頂けたこと、とっても嬉しかったです☺︎

はりきってにこにこにこにこしてしまいました。たまみさんと目を合わせて歌う最初のソロパートから幸せでした~


そしてりかちゃんとダブルセンターを務めさせて頂いた「生まれたままで」

リハーサルのときからこの曲は楽しくて、

でも歌詞を噛み締めると色々考えさせられて

にこにこなだけではないのかな、と勝手ながら

自分なりに解釈して自分なりに精一杯パフォーマンスさせて頂きました!


IMG_2509.jpeg


最後に、とっておきの大好きなお話。

この写真の右側にも見えていますが、

「乃木坂46プレイバックファクトリー」という企画が今回のライブにはありまして、

各々好きな楽曲のセンターに立たせて頂けました。


私は、白石麻衣さんのソロ曲

「じゃあね。」を選ばせて頂きました。


実は白石さんには本当に、すごく優しくして頂いていました。

加入当初何度か訪れた、心が辛くなったときや、泣きたくなったとき。

そんな時に気付いて助けてくださるのが白石さんでした。

だからこそ、この曲を卒業コンサートで聴いたときは、ご卒業が寂しくて大泣きしてしまった記憶があります。

だから、もしこの曲を泣かずに歌えたら、

それは、少しは自分も強くなれたということなのかなと思って。この曲を選ばせて頂きました。


今回この曲でセンターに立たせて頂くにあたって、

白石さんに久々にご連絡させて頂きました☺︎


すごく喜んでくださって、応援してくださって嬉しかったです。

そして、「ゆりちゃんはもう強くなってるから大丈夫だよ」と。



私は、優しさを原動力に生きているのかもしれません。

みなさんにもいつも優しさを頂いてばかりです。

私も、誰かに優しさを分けられる人になりたいです。頑張りますね。




いつも、とってもありがとうございます☺︎

引用元:北川悠理さんの「アンダーライブ!」

関連記事